福岡市 腰痛なら「ラムサ福岡」 トリガーポイント 土日診療 - ramtha-fukuoka

お客様の声

M.S様(男性・30代)
もっとトリガーポイント認知、受け入れられるようなっていってほしいと思いました。
腰痛で入院の際は激しい痛みの為、救急車で搬送され、約2か月半ほど仕事を休み、 病院、自宅療養中の1か月半ほど、ほぼ寝たきり、介護状態でした。 ラムサを見つけるまで、10か所ぐらいの病院、整骨院、鍼灸院、ペインクリニックなどに通いました。
ラムサを知ったきっかけはネット検索です。 いろんなところに行っても、結局納得いく説明も治療もなく、原因がわからない状態だったので、 自分で調べるしかなりませんでした。

 もともとヘルニアはもっていましたが、ヘルニアが痛みの原因でないことは知っていました。 調べるうちに、最初は仙腸関節炎→梨状筋症候群→筋筋膜性疼痛症候群→トリガーポイント の順で見つけ、たまたま近くに治療を行ってくれるところが「ラムサ」でした。
初回はあまりに激しい痛みの時に行ったので、改善は実感できませんでしたが、 2回目の治療中の効果測定の際に痛みが緩和していることを実感できました。 精神的にも参っていて、もしかしたら、もう治らないのではないかとまで思っていたので、 すごくうれしかったです。
それから2週間ほどの間に2~3回ほど通い、自宅では自分でテニスボールを使って トリガーポイントを刺激する。そんなことを繰り返し、3週目ぐらいで松葉づえを手放しました
 自分の症状はおそらくかなり重症だったと思います。 そして原因も間違いなく筋膜性の筋肉の異常だったと思います。 ラムサが他と違うところは、治療中に経過測定を行うことと、 施術中、患者さんに痛みなどを確認しながら行ってくれるところです。 痛みの箇所や種類は感じている本人しかわかりません。 なので確認しないとわからないはずですが、ラムサはそこをいい加減にすることなく、 治療を行ってくれます。 おかげで、回復に向かっています。本当にありがとうございました。

患者様アンケート
患者様アンケート
患者様アンケート
患者様アンケート

↓こちらからお電話できます。↓

092-674-2633

メニュー